多少のリスクも……|急に現金が必要な場合はクレジットカード現金化でピンチを凌ごう

急に現金が必要な場合はクレジットカード現金化でピンチを凌ごう

MONEY

多少のリスクも……

クレジットカード

クレジットカードの現金化を行う場合、ショッピング枠を利用することで現金化が可能になります。
このショッピング枠の利用は本来の使い方としては買い物をした際の支払いのみに利用できることがカード規約の中で決められており、それ以外の利用は出来ない仕組みとなっています。
しかしカード現金化の場合キャッシュバックや買取を行うといった方法でそれをクリアしているわけですが、この方法に違法性は無いのかどうかということを心配する声も少なくありません。

カードの現金化を行うことに対する法的な罰則と言うのは現在の所ありませんので、現金化を行った場合でもそれが違法となり逮捕されたりすることはありません。
しかしカード現金化はカード規約の中で厳しく禁止されている行為のため、カード会社の規約では違法である行為として認知されています。

ではカード現金化を行ってそれがカード会社にばれた場合にはどのようなことが起こるのかといえば、基本的にカード会社では現金化のためにカードを使用するのを禁止していますので、利用者に対しては重いペナルティを科すということになっています。
このペナルティと言うのはカードの利用停止といったものですので、カード会社に現金化がばれてしまうとその後はカードの利用が一切出来なくなってしまいます。さらにカード現金化を行っていたという事実がある場合、自己破産を行った場合にそれを追求されてしまうことになり、自己破産が出来なくなることもあります。

そのため現金化は便利な半面リスクがあるということも理解しておく必要があるでしょう。