それぞれを比較|急に現金が必要な場合はクレジットカード現金化でピンチを凌ごう

急に現金が必要な場合はクレジットカード現金化でピンチを凌ごう

MONEY

それぞれを比較

女性と貯金箱

クレジットカードの現金化には業者の利用・ブランド品などの買取・金券などの買取といった複数の方法があります。
ではそれらを比較した場合どのクレジットカード現金化が最も無駄がないのでしょうか。

まず業者を利用したクレジットカード現金化の場合、業者側に手数料を差し引かれることになります。
この手数料は業者によって異なりますが申し込んだ金額の20~30%程度が手数料となることが多いです。そのため50万円を申し込めば現金化できるのは40万円かそれ以下の金額になる場合が多いと考えたほうが良いでしょう。

ブランド品の買取による現金化の場合は、ブランドによって買取金額も異なります。
そのため買取率で言えば60~80%程度になると考えておく必要があります。稀に90%近い買取率の場合もありますがそういった商品は入手困難なので現実的には購入できない場合が多く、買取での換金の場合は業者利用よりも現金化で手に出来る金額が少なくなる場合もあります。

金券を買取してもらう方法の場合、比較した中では最もクレジットカード現金化での換金率が高い方法となります。
amazonギフト券や新幹線回数券の場合は特に人気が高く、換金率も90%以上で推移しているため手にすることができる現金も多くなります。
ただし金券の場合カード決済出来ないことも多く、一部の金券しかカード購入できませんし、一度に多額の金券や回数券を購入した場合カード会社から指摘されることもあります。そう考えた場合比較した中では最も現金化の効率が良いですが、他の方法と比較した場合ハードルの高さが難点といえるでしょう。